プラセンタ 種類

美容サプリ人気No.1のオススメはこれ!




data-ad-client="ca-pub-9531885765128642"
data-ad-slot="5099487956"
data-ad-format="auto">


5種類のプラセンタとは?

話題のプラセンタ5つの種類とその特徴

プラセンタは、そのまま訳すと胎盤という意味です。胎盤そのものを利用することはできないので、抽出したプラセンタエキスをプラセンタとして利用しています。
プラセンタには、馬、豚、羊、植物由来と人由来の5種類があるといわれています。
 
Photo by CREATVDAD

あまり流通していない3種類のプラセンタ

羊、植物由来と人由来のプラセンタはあまり使われてません。
羊プラセンタは、海外では人気がありますが、スクレイピーという伝染病があり、人にはうつらないのですが、狂牛病に似た病気のため、日本政府から、羊由来の原料の使用に制限がかかっており、流通量が少なくなっています。

 

植物由来は、植物の胎盤にあたる「胎座」から有効成分を取り出しますが、植物であるため、プラセンタの特徴である成長因子がなく、アンチエイジングの効果が著しく低下しています。
人由来については、医療機関でのプラセンタ注射の原料としてのみ使用されるため、流通が少なくなってしいます。

主に流通している2種類のプラセンタ

今流通しているのは、馬と豚の主に2種類になります。
馬プラセンタは、年に1回、1頭だけ出産があり、その際の胎盤がしっかりとしていて、豚のプラセンタに比べるとアミノ酸の含有量が250倍になることもあります。

 

豚プラセンタは、年に2回、1度に10頭前後を出産するため、大量に抽出、生産できるため、安価で手に入るという特徴があります。
豚の方が、病気にかかりやすく、ワクチンや薬剤を投与することもあるので、馬に比べると質が落ちてしまいます。

 

おすすめ美容サプリメント(プラセンタ) 比較ランキングへ >>>

⇒ Topページ:美容サプリ人気ランキング!!